2歳児

朝起きたら40度の高熱!子供が3回目の入院をすることに。。。

 

こんにちは、先週は息子が入院することになり付き添いのため病院で過ごしていた、イエローハットです。

僕が朝起きると、嫁さんが心配そうに「ジョージ、朝から40度くらい熱があって・・・」と言ってきた。

マジかー。。。

これはヤバいかな・・・保育園は休ませないといけないし、病院に連れていって・・・

うちの嫁さんは出社時間が早く、家事を朝にまわしているので5時~6時のあいだに起きている。

最近、うちの息子は早起きさんで、朝の6時くらい(早かったら5時とか!)に目覚めてしまうんやが、その時は俺が起きるまで嫁さんが面倒をみてくれているんよね。

心配なのはネフローゼの再発と合併症とか

このブログでも紹介したかもしれんけど、息子は去年からネフローゼという難病の一種に罹っている。

退院は出来たんだけど、病気を治すために飲んでる薬の副作用のせいで免疫力が低くなってるんよ。

自宅療養を経て、やっとこの8月から保育園に通えるようになったんやけど、風邪や他の病気をもらいやすく、病気になると悪化しやすくネフローゼの症状の再発、合併症などが起こって危険やねん。

月に何回かの診察の時にも、主治医からは高熱が出たり、問題があったらいつでも電話くださいと言われていた。

病院に電話して相談したいけど、朝は繋がりにくくて大変やわ

病院の電話は9時から繋がる。が、掛けてもなかなか電話がつながらない。

スマホをスピーカーにして何回かかけ直しながら、繋がるのを待った。

9時20分くらい、「やっと繋がった!」

いつもどおり、「以前そちらで入院していて、小児科のO先生にお世話になってるんですけど・・・」と受付の人に話してみる。

事務?の人はいつもは医師に連絡して聞いてくれるが、今日の人は「医師がいない。」とのことで聞いてくれない。

めんどくさっ!

今までは、8階にある小児科病棟にいる医師の誰かに聞いてくれていたのに、この電話口のむこうの人は聞いてくんない。

こっちとしてはスグに病人に連れていくべきか?自宅で様子を見たほうがいいのか?判断したいんやけど。

受付のおばさんに「入院中はO先生以外に、H先生やY先生に診てもらっていたんですけどー」と言うと、

「Y先生は午前診なので、今から予約を取りますので診察を受けてください。」と言う。

「わかりましたー」とは言うたんやけど、今からの予約やったらだいぶ先やろ。

下手したら1時間どころか2時間待たないといけないかも。

40度も熱があって、もしかしたら再発するかもしれない息子を病院で1時間も2時間も待たせるのも可哀想やわ

俺が先に病院へ行って待機

実は、ありがたい話なんやけど、病院は家の目の前にあるねん。

そこそこ有名な病院(紹介状なしでは1万円も取る)で、息子の出産もこの病院だった。

とりあえず、俺が病院に行き受付だけする。

受付番号の順番が息子があと2人くらい待っている状態で嫁さんと息子を呼ぶつもり。

息子は高熱だし、嫁さんはさ来月に出産を控えててお腹も大きいから、なるべく家におらせたいし。

そうこうしてると病院へやって来て3、40分で後2人でジョージの受付番号が表示された!

「あと二人だから、そろそろ病院に来てください」と嫁さんにLINE。

嫁とジョージが到着。からの血液検査へ

息子と嫁さんが病院にやってきた。

いつもは病院内を走り回るジョージだが、さすがに今日はグッタリしていて嫁さんに抱きかかえられている。

すると、

 

「○○ジョージさん!」 ※○○は名字ね。

 

と呼ばれた。

看護師さんによると血液検査が先とのこと。

子どもの血液検査って辛いんだよねー

・手の甲や肘の裏が血を取るのが痛そう

・いつもギャン泣き(´;ω;`)

・血液検査の部屋の外へ息子の泣き声が聞こえてくる

そして、おしっこも欲しいと。

おしっこパックを家でつけてきたので、おしっこはすぐに取れる。

だけどね、子どものおしっこなんて、なかなか取れるもんじゃないのよー

だから、電話して医師に指示を仰いて欲しかったわけよね。

俺たちは息子の入院や病院の診察に慣れているから、「息子の調子が悪い=尿と血液検査!」と判断できる。

でも、知らない人やったら、おしっこ出るまでちゃんとした検査結果とかわからんねんで!(今のご時世病院に怒ってもしゃあないねんけどね)

血液検査と尿検査の結果が出るまで1時間。

「(家はすぐそこだから)いったんウチに帰って1時間後に来た方が、ジョージも楽やろうな。」と嫁さんに話していたら、

「今日は点滴しておきましょう!」

となって、またジョージは点滴針を刺される羽目に。。。可哀想過ぎるー( ノД`)

点滴中は動かずに血液や尿の検査結果が出るまでの1時間弱のあいだ、小部屋でジョージと待機しておかねばならない。

診察、そして入院。

「熱が下がるまで入院しましょう。」

ジョージが点滴を打ってもらいベッドに横たわっていると、Y先生がやってきてこう言った。

血液検査の結果が出て、どうやらウィルス性の熱らしい。

ウィルスの場合はお薬とかで熱を下げることが難しくて、自力で回復するしかないと。

そして熱が下がるまでの間に、状況が悪くなる可能性もあるから、入院して常にジョージの状態を見ておくらしい。

保育園に通い始めて二カ月も経たないうちに再々入院なんて・・・

それに少しがっかりというか茫然としてしまった。

→続きは入院編で。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!